今や15万人超が利用 「成年後見」サービスの中身と料金

公開日: 更新日:

「子供がいないからいつまでも若々しい」と褒められていた人が、子供がいる人を羨ましがる時代になってきた。

 認知症や知的障害などで判断能力の不十分な人の代わりに財産管理や法律行為などを担う成年後見制度。

 内閣府によると、2015年の成年後見の利用者数は15万2681人もいて、毎年1万人ペースで増えている。

 ひと口に成年後見といっても、家庭裁判所が判断する法定後見と、本人自らの意思で契約する任意後見の2つがある。任意後見を簡単に説明すると、ボケる前に後見人を選んでおき、「ボケたらよろしくね」というものだ。これまで弁護士や司法・行政書士を後見人に指名するケースが多いが、最近は民間業者を選ぶ人も増えている。

 弁護士は、財産管理や身元保証ならお手のものだが、日常生活のサポートや死後の遺品整理まではなかなか目が行き届かない。民間なら毎月の安否確認などもあり、利用料金も弁護士事務所などを上回らないよう設定している業者が多い。

 例えば、一般社団法人「マイライフ協会」(東京都新宿区)の初期費用は、入会金、死亡時の葬儀・埋葬支援や遺言執行の代金も含め税別45万円(公正証書作成費用などは別途料金)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に