• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高騰する東京圏の新築マンション 専門家が語る原因と懸念

 東京圏の新築マンションは販売価格、販売戸数とも上昇率が拡大している。2017年に首都圏で販売された新築マンションの販売戸数は3万5898戸(前年比0.4%増)。平均価格は5908万円と同7.6%値上がりした。

 東京都区部に限ると販売価格は7089万円(同6.9%増)、1坪当たりの分譲価格は357万円(同7.8%増)にもハネ上がる。都区部での発売戸数も1万6017戸(同8.5%)と4年ぶりの前年比増加だ。調査を行った不動産経済研究所の角田勝司顧問が、価格上昇の理由をこう言う。

「販売価格は調査を開始して以来、過去最高の高値ですが、建築費や都心のマンション用地がホテルやオフィスビルに転換され、マンション用地の不足が高騰した原因です。さらにシティタワー恵比寿、パークタワー晴海などの億ションが価格を引っ張っているんです」

 サラリーマンが購入できる販売価格は坪単価240万円、年収の5~6倍が上限といわれている。ところがすでに坪単価では117万円上回り、価格は分譲マンション購入の中心世代である40代前半のサラリーマンの平均年収(約600万円)の12倍に達しているのだ。それでも都心部の物件がやたら売れる理由を前出の角田氏が分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る