高騰する東京圏の新築マンション 専門家が語る原因と懸念

公開日:

 東京圏の新築マンションは販売価格、販売戸数とも上昇率が拡大している。2017年に首都圏で販売された新築マンションの販売戸数は3万5898戸(前年比0.4%増)。平均価格は5908万円と同7.6%値上がりした。

 東京都区部に限ると販売価格は7089万円(同6.9%増)、1坪当たりの分譲価格は357万円(同7.8%増)にもハネ上がる。都区部での発売戸数も1万6017戸(同8.5%)と4年ぶりの前年比増加だ。調査を行った不動産経済研究所の角田勝司顧問が、価格上昇の理由をこう言う。

「販売価格は調査を開始して以来、過去最高の高値ですが、建築費や都心のマンション用地がホテルやオフィスビルに転換され、マンション用地の不足が高騰した原因です。さらにシティタワー恵比寿、パークタワー晴海などの億ションが価格を引っ張っているんです」

 サラリーマンが購入できる販売価格は坪単価240万円、年収の5~6倍が上限といわれている。ところがすでに坪単価では117万円上回り、価格は分譲マンション購入の中心世代である40代前半のサラリーマンの平均年収(約600万円)の12倍に達しているのだ。それでも都心部の物件がやたら売れる理由を前出の角田氏が分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る