出会いの春「知人友人の紹介」にハズレが多いのはなぜ?

公開日: 更新日:

 春は出会いの季節。適齢期になると、友人・知人から「紹介してあげる」と声がかかることもあるだろう。しかし、“ありがた迷惑”で時間を無駄にしたという男女は多い。

 ディーゼルジャパンの「デートに関する調査」(恋人のいない未婚男女20~30代)によると、「異性とのデートで無駄な時間を過ごしたことがある」と回答したのは、61.3%。

 無駄なデートの相手と知り合ったきっかけの1位は「友人・知人の紹介」(31.5%)、次いで「インターネット・SNS」(24.2%)、「合コン・街コン・婚活パーティー」(22.3%)と続いた。

 男女問題研究家の山崎世美子氏がこう言う。

「デートの時間が無駄と感じるのは、マイナスのギャップが大きい相手だからです。友人・知人の紹介がダメなのは、紹介者は身内を悪く言わないので期待感は高まるけど、実際に会ってみると話が違ってゲンナリするということが起こるから。合コンで『幹事が一番かわいい』のパターンと同じで、自分より“かわいくない”と思う相手を紹介する人もいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

もっと見る