• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネット炎上の恐怖と対処法 ブロガー・画家の体験者が語る

 ここ数年、ネット上での発言に批判が集中する、いわゆる「炎上」案件が多発するようになってきている。批判が集まるのは、何も有名人だけではない。一般人でも見知らぬ他人にバッシングされる事例は、もう当たり前のように起こっているのだ。ツイッターなどSNSを始めたものの、いまだ使いこなせていないという中年たちも、気をつけておかないと危険だ。

 実際に、ネット炎上で精神的に追い込まれたという人に話を聞いてみたので、参考にしてみたい。ブロガー、また画家として生活している宮森はやとさんは、2年前の夏にこんな経験をしている。

「発端は、僕がブログに『1日を50円で売ります』と書いたことでした。荷物運びとか、掃除とかを50円でやりますという内容だったんですが、そこに『50円で日雇い労働をしてきて、その給料を自分の口座に振り込んでくれ』とツイッターで連絡してきたんです。それは倫理的にできないと引用リツイートの形で返信をしていたら、『何でもやるって言っただろう』って炎上してしまって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る