ネット炎上の恐怖と対処法 ブロガー・画家の体験者が語る

公開日:

 ここ数年、ネット上での発言に批判が集中する、いわゆる「炎上」案件が多発するようになってきている。批判が集まるのは、何も有名人だけではない。一般人でも見知らぬ他人にバッシングされる事例は、もう当たり前のように起こっているのだ。ツイッターなどSNSを始めたものの、いまだ使いこなせていないという中年たちも、気をつけておかないと危険だ。

 実際に、ネット炎上で精神的に追い込まれたという人に話を聞いてみたので、参考にしてみたい。ブロガー、また画家として生活している宮森はやとさんは、2年前の夏にこんな経験をしている。

「発端は、僕がブログに『1日を50円で売ります』と書いたことでした。荷物運びとか、掃除とかを50円でやりますという内容だったんですが、そこに『50円で日雇い労働をしてきて、その給料を自分の口座に振り込んでくれ』とツイッターで連絡してきたんです。それは倫理的にできないと引用リツイートの形で返信をしていたら、『何でもやるって言っただろう』って炎上してしまって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る