国を挙げた大イベント なぜドバイは競馬に力を入れるのか

公開日:

 今週の土曜日(31日、日本時間は4月1日未明)にアラブ首長国連邦のドバイにあるメイダン競馬場で、恒例のドバイ・ワールドカップが開催される。

 日本でも、インターネット投票限定で馬券を買えるから、開催を心待ちにしているファンは多いだろう。もしかするとリッチな読者の中には観戦予定の人もいるかもしれない。

 何しろ優勝賞金600万ドル(約6億3000万円)を狙って、世界中から優れたサラブレッドが集まってくるレースだ。日本からは、昨年5着だったアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)が出走。今年も武豊と世界に挑むが、楽しみはそれだけではない。レースの後には、超豪華アーティストによるコンサートもある。これまでジェニファー・ロペスやジャネット・ジャクソンがサプライズ出演しているだけに、今年も期待できそうだ。


 来場者の中からベストドレッサーが選ばれるファッションコンテストも話題になる。各国から訪れたVIPやセレブが、奇抜なスタイルで参加して盛り上げるという。そのほか派手な花火大会も予定され、この日は街中がお祭り騒ぎ。スポーツ、ファッション、エンターテインメントを楽しめるゴージャスな一大イベントとなるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る