欧米ではポピュラーな選択 遺贈寄付で財産を寄付する方法

公開日: 更新日:

 遺贈寄付とは、遺言によって財産を慈善団体などに寄付すること。欧米ではポピュラーで、英国では個人寄付総額の17%に当たる2660億円が遺贈だという。

 日本でも注目されつつある。「全国レガシーギフト協会」の調べによると、40歳以上の男女のうち約2割が遺贈寄付に興味があるそうだ。山北洋二理事が言う。

「おひとりの方や子供のいない夫婦の場合、何も手続きしなければ、遺産は国庫に入ります。軍事費などに充てられるくらいなら、自分で使い道を決めてから死にたいということなのでしょう」

 遺贈寄付をするには、遺言書を作る必要がある。そこに寄付したい団体や役立てて欲しいことなどを書き込む。確実に実行されるためには、公証役場で公正証書にするのが一番だが、手続きが面倒だし、信頼できる寄付先を見つけるのも一苦労だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  4. 4

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    ピントずれのコロナ対策 消費減税でデフレスパイラル加速

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

もっと見る