• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欧米ではポピュラーな選択 遺贈寄付で財産を寄付する方法

 遺贈寄付とは、遺言によって財産を慈善団体などに寄付すること。欧米ではポピュラーで、英国では個人寄付総額の17%に当たる2660億円が遺贈だという。

 日本でも注目されつつある。「全国レガシーギフト協会」の調べによると、40歳以上の男女のうち約2割が遺贈寄付に興味があるそうだ。山北洋二理事が言う。

「おひとりの方や子供のいない夫婦の場合、何も手続きしなければ、遺産は国庫に入ります。軍事費などに充てられるくらいなら、自分で使い道を決めてから死にたいということなのでしょう」

 遺贈寄付をするには、遺言書を作る必要がある。そこに寄付したい団体や役立てて欲しいことなどを書き込む。確実に実行されるためには、公証役場で公正証書にするのが一番だが、手続きが面倒だし、信頼できる寄付先を見つけるのも一苦労だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

もっと見る