【自家製シーチキン】市販モノとは別格!油っぽさゼロ

公開日: 更新日:

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 もともと「賄い料理」だったそうだ。

 店主の村瀬文吾さんは、鮮魚店が経営する居酒屋で10年間修業していたこともあって、特別なルートで新鮮な魚が安く手に入る。常連客も刺し身を目当てに通ってくるそうだ。余った魚を「賄い料理」として煮たり、焼いたりして食べるだけでは飽きるので、シーチキンにしてみたという。

 食べてビックリ。同じシーチキンでも、市販のモノとはまったくの別物である。市販のシーチキンは、どうしても油が強い。サンドイッチやサラダにすると油分がちょうどいいが、そのまま単品で食べるとやはりクドイ。いっぱい食べられない。

 でも、自家製のこのシーチキンは、油っぽさゼロ。むしろ素朴な味だ。魚の味を強く感じられる。

 作り方は意外にカンタンである。

「サラダ油をヒタヒタにした鍋に、ニンニクのみじん切り、塩、こしょう、ガーリックパウダー、うま味調味料を入れます。すべて入れたら、火をつけて下さい。超弱火にしたまま切り身の魚を入れます。火が入って白くなったら、木のヘラでほぐして下さい。気をつけることは、火を入れ過ぎないこと。魚は鰹でも鮪でも鯛でもヒラメでもOKです。ただ、ヒカリモノはクセが強いので避けて下さい。小魚も食べる時、骨があると食感がよくありません。しばらく冷ました後、最後に塩をふったら完成です。もし臭みがあったら、醤油を垂らして下さい。臭みが消えます」

 手作りのシーチキンとは何ともぜいたく。これからの季節、ハイボール片手に食べたら最高だ。

《材料》
・魚の切り身      (鰹、鮪、鯛、ヒラメなど)
・サラダ油
・ニンニク
・塩
・こしょう
・ガーリックパウダー
・うま味調味料
《レシピ》

(1)鍋にサラダ油をヒタヒタにする。

(2)鍋の中に、ニンニクのみじん切り、塩、こしょう、ガーリックパウダー、うま味調味料を入れる。

(3)火にかける(80度くらいの低温にする)。

(4)魚の切り身を入れて、熱が入り白くなったら、木のヘラでほぐす。

(5)冷めた後、塩をふる。

(6)臭みがある場合は醤油を垂らす。

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。
東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る