• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【自家製 厚揚げ】外はサクサクと香ばしく中はトロリ

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 ツマミの基本は、カンタンに作れておいしいこと。この「自家製厚揚げ」は、お手本のような一品だ。材料も豆腐だけである。

 絹ごし豆腐を一口サイズにカットして、キッチンペーパーで水気を切り、熱した油に入れる。キツネ色になり、浮いてきたら取り出すだけである。

「どのくらい熱を入れるかは好みですね。個人的には、中が生っぽい方が、しっとりしていておいしいと思います。でも、カリカリに揚げると大豆の味がするので、それはそれでおいしいですよ。気をつけることは、放置していると鍋の底にくっつくので箸で転がすことと、やはり豆腐は崩れやすいのでやさしく扱うことくらいですね。最後にカツオ節とネギ、生姜をのせて下さい」

 醤油をたらして熱々をガブリとかじると、外はサクサクで香ばしく、中はトロリ。なんだか、小籠包を食べているような感覚だ。

 近所のスーパーで買ってきた厚揚げでは、こうはいかない。買ってきたモノを家で焼くと、どうしても硬くなり、カサカサしてしまう。なにより、このトロリとした食感を楽しむことは不可能だ。

 ビールが進むことは、間違いない。

《材料》
・絹ごし豆腐
・サラダ油
・カツオ節
・ネギ
・生姜
・醤油

《レシピ》
(1)絹ごし豆腐を一口サイズにカットして、キッチンペーパーで水気を取る。水気を取らないと、鍋に入れたとき油が跳ねてしまう。
(2)160度の油に豆腐を入れて、キツネ色に変わり、浮いてきたら、取り出す。
(3)カツオ節、ネギ、生姜をのせ、醤油をたらす。

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。

東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る