【自家製 厚揚げ】外はサクサクと香ばしく中はトロリ

公開日: 更新日:

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 ツマミの基本は、カンタンに作れておいしいこと。この「自家製厚揚げ」は、お手本のような一品だ。材料も豆腐だけである。

 絹ごし豆腐を一口サイズにカットして、キッチンペーパーで水気を切り、熱した油に入れる。キツネ色になり、浮いてきたら取り出すだけである。

「どのくらい熱を入れるかは好みですね。個人的には、中が生っぽい方が、しっとりしていておいしいと思います。でも、カリカリに揚げると大豆の味がするので、それはそれでおいしいですよ。気をつけることは、放置していると鍋の底にくっつくので箸で転がすことと、やはり豆腐は崩れやすいのでやさしく扱うことくらいですね。最後にカツオ節とネギ、生姜をのせて下さい」

 醤油をたらして熱々をガブリとかじると、外はサクサクで香ばしく、中はトロリ。なんだか、小籠包を食べているような感覚だ。

 近所のスーパーで買ってきた厚揚げでは、こうはいかない。買ってきたモノを家で焼くと、どうしても硬くなり、カサカサしてしまう。なにより、このトロリとした食感を楽しむことは不可能だ。

 ビールが進むことは、間違いない。

《材料》
・絹ごし豆腐
・サラダ油
・カツオ節
・ネギ
・生姜
・醤油

《レシピ》
(1)絹ごし豆腐を一口サイズにカットして、キッチンペーパーで水気を取る。水気を取らないと、鍋に入れたとき油が跳ねてしまう。
(2)160度の油に豆腐を入れて、キツネ色に変わり、浮いてきたら、取り出す。
(3)カツオ節、ネギ、生姜をのせ、醤油をたらす。

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。

東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る