茶亭羽當<下>激戦区の渋谷で人気の秘密は「手作り感」

公開日: 更新日:

 最近、茶亭羽當にシンガポールのテレビ局が取材に来た。独特の喫茶店文化がなぜ日本に根付いたのかを分析するという番組だ。羽當のような「個店」とスターバックスやドトールのような大手コーヒーチェーンの違いを際立たせようと、ディレクターは店主の寺嶋和弥さんに大手の問題点をしゃべらせようとした。

「困っちゃいました。僕はスタバやドトールも好きで、お店に行くこともありますしね」

 とはいえ圧倒的な資本力を持つ大手が渋谷でも幅を利かせている中で、どのようにして生き残ろうとしてきたのか。それを尋ねると、寺嶋さんはしばらく考えてから「手作り感じゃないですか」と答えた。

 前回、店の至る所に花が飾ってあると紹介した。テレビ局のスタジオセットに飾られる花も手掛ける生け込み専門の店から買っているのだが、「先方には無理をお願いして素材だけを買っています。飾り方は我々が決めます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  8. 8

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る