• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

茶亭羽當<下>激戦区の渋谷で人気の秘密は「手作り感」

 最近、茶亭羽當にシンガポールのテレビ局が取材に来た。独特の喫茶店文化がなぜ日本に根付いたのかを分析するという番組だ。羽當のような「個店」とスターバックスやドトールのような大手コーヒーチェーンの違いを際立たせようと、ディレクターは店主の寺嶋和弥さんに大手の問題点をしゃべらせようとした。

「困っちゃいました。僕はスタバやドトールも好きで、お店に行くこともありますしね」

 とはいえ圧倒的な資本力を持つ大手が渋谷でも幅を利かせている中で、どのようにして生き残ろうとしてきたのか。それを尋ねると、寺嶋さんはしばらく考えてから「手作り感じゃないですか」と答えた。

 前回、店の至る所に花が飾ってあると紹介した。テレビ局のスタジオセットに飾られる花も手掛ける生け込み専門の店から買っているのだが、「先方には無理をお願いして素材だけを買っています。飾り方は我々が決めます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る