新宿「凡」<上> 1杯1190円!オーナーが明かす高価格の裏側

公開日:

「うちは近隣にある高級ホテルを除けば、新宿で最も高いコーヒーを出していると思います」とオーナーの平勝哉さんは、事もなげに言う。

 メニューの表記はすべてひらがなで、「ぶれんど」は1190円、「ぶるーまうんてんNo・1」は2495円。新宿駅東口にあるスタジオアルタそばという好立地だから強気の価格設定なのかと思ったが、平さんの話を聞けば聞くほど、その理由が分かってきた。

 店の壁面には、一つ一つ趣の異なるコーヒーカップがびっしりと並んでいる。その数1500客。1客1万円ほどで、提供している最も高いカップは60万円で購入した。

「でも、1カ月で5~6客は破損してしまうんですよ。大概、自分に邪念がある時です。補充するために1年間で50万~100万円が必要になる」(平さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る