新宿「凡」<上> 1杯1190円!オーナーが明かす高価格の裏側

公開日: 更新日:

「うちは近隣にある高級ホテルを除けば、新宿で最も高いコーヒーを出していると思います」とオーナーの平勝哉さんは、事もなげに言う。

 メニューの表記はすべてひらがなで、「ぶれんど」は1190円、「ぶるーまうんてんNo・1」は2495円。新宿駅東口にあるスタジオアルタそばという好立地だから強気の価格設定なのかと思ったが、平さんの話を聞けば聞くほど、その理由が分かってきた。

 店の壁面には、一つ一つ趣の異なるコーヒーカップがびっしりと並んでいる。その数1500客。1客1万円ほどで、提供している最も高いカップは60万円で購入した。

「でも、1カ月で5~6客は破損してしまうんですよ。大概、自分に邪念がある時です。補充するために1年間で50万~100万円が必要になる」(平さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る