「かふぇ さくら」1000円の価値あるコーヒーが400円で

公開日:

 サイホンでコーヒーを入れる喫茶店に出合うことはめったにない。理由は簡単で、器具が高いからだ。割れやすいロートは1個1800円。慣れないアルバイトを雇ってサイホンの店を運営するのなら、100杯入れると1個は割れるという前提の上で経営を考えるものだという。

 それでも東京の北区滝野川にある「かふぇ さくら」はサイホンにこだわる。「格好いいじゃないですか」。オーナーの村上龍太さんはそう語る。

 村上さんは大学では無機化学を学び、企業の研究職に就いた。しかし水に合わず、25歳の時に喫茶店経営を思い立った。「大学の研究室は飲み物の持ち込みが自由で、ボナポットで入れたコーヒーを好んで飲んでいたからかもしれませんね」。9年間の修業を経て念願の店を開いたのは2012年3月だ。

「味ネルドリップ、香りサイホン」。コーヒーとはそういうものらしい。ロートを外し、ボールにたまったコーヒーをカップに注ぐ時に最も良い香りがする。だから村上さんは、わざわざ客の前でコーヒーを注ぐことにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る