茶亭羽當<上> 茶道の雰囲気が漂う上質の店内空間

公開日:

 取材日時に指定されたのは平日の午前11時。その少し前に到着すると、すでに2組の客が開店を待っていた。このところ「ブティック型の喫茶店に改めて注目が集まっている」という声を聞くが、決して安くないコーヒーを求めて開店前に並ぶ人がいる光景を目にすると、そんな話が真実味を帯びる。

 店名は「ちゃてい・はとう」と読む。羽當さんという珍しい名字のオーナーが開いたからこの名前なのだが、その前に付く茶亭がこの店の「らしさ」を言い表しており、それはカウンターに座っているとよくわかる。

 1杯850円のブレンドコーヒーを頼むと、店の人はミルで粗めに挽いた約30グラムの豆を、1枚1枚丁寧に折ったコーヒーフィルターの上に入れる。そこに熱い湯を少し注ぎ、挽いた豆を蒸らす。しばらく間をおいてから本格的に抽出する。パフォーマンスではない、流れるような一連の動作が美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る