茶亭羽當<上> 茶道の雰囲気が漂う上質の店内空間

公開日: 更新日:

 取材日時に指定されたのは平日の午前11時。その少し前に到着すると、すでに2組の客が開店を待っていた。このところ「ブティック型の喫茶店に改めて注目が集まっている」という声を聞くが、決して安くないコーヒーを求めて開店前に並ぶ人がいる光景を目にすると、そんな話が真実味を帯びる。

 店名は「ちゃてい・はとう」と読む。羽當さんという珍しい名字のオーナーが開いたからこの名前なのだが、その前に付く茶亭がこの店の「らしさ」を言い表しており、それはカウンターに座っているとよくわかる。

 1杯850円のブレンドコーヒーを頼むと、店の人はミルで粗めに挽いた約30グラムの豆を、1枚1枚丁寧に折ったコーヒーフィルターの上に入れる。そこに熱い湯を少し注ぎ、挽いた豆を蒸らす。しばらく間をおいてから本格的に抽出する。パフォーマンスではない、流れるような一連の動作が美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る