茶亭羽當<上> 茶道の雰囲気が漂う上質の店内空間

公開日: 更新日:

 取材日時に指定されたのは平日の午前11時。その少し前に到着すると、すでに2組の客が開店を待っていた。このところ「ブティック型の喫茶店に改めて注目が集まっている」という声を聞くが、決して安くないコーヒーを求めて開店前に並ぶ人がいる光景を目にすると、そんな話が真実味を帯びる。

 店名は「ちゃてい・はとう」と読む。羽當さんという珍しい名字のオーナーが開いたからこの名前なのだが、その前に付く茶亭がこの店の「らしさ」を言い表しており、それはカウンターに座っているとよくわかる。

 1杯850円のブレンドコーヒーを頼むと、店の人はミルで粗めに挽いた約30グラムの豆を、1枚1枚丁寧に折ったコーヒーフィルターの上に入れる。そこに熱い湯を少し注ぎ、挽いた豆を蒸らす。しばらく間をおいてから本格的に抽出する。パフォーマンスではない、流れるような一連の動作が美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る