約44万円相当ドロ 空き巣が残したメモに教会側の対応は…

公開日:

 8月19日未明、米コネチカット州ウオーターベリーにある教会に空き巣が入った。犯人の男は現場に奇妙なメモを残しており、話題になっている。

 地元テレビFOX61(21日付電子版)によると、被害に遭ったのはマウント・オリーブ教会。礼拝などを録画したりする映像機器や音響装置など4000ドル(約44万円)相当が盗まれたという。そして一枚のメモが残されていて、こう記されていた。

「俺のために祈ってくれ! ごめんよ、兄弟たち。俺を救ってくれ」

 そして文末には小さく「悲しい顔」マークが描かれていたという。

 教会内には防犯カメラが設置されており、教会内を物色する様子が録画されていた。事件を捜査しているウオーターベリー市警によると、犯人はキッチンのドアから教会内に入り、犯行後、同じドアから出ていっている。また教会内をよく知っており、盗むべきものがどこにあるか知っていたようだ、とみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る