米トイザらスの閉店で…愛犬が「世界一幸せ」になったワケ

公開日:

 今年3月、米国の玩具販売大手「トイザらス」が米国内の全店舗を閉鎖すると発表したニュース。日本でも大きく報じられたのでご存じの方も多いだろうが、その閉店セールを利用して愛犬を「世界で最も幸せな犬」にした男性の動画が話題になっている。

 米誌ピープル(16日付電子版)などによると、「penguinz0」のハンドルネームでユーチューブに動画を投稿しているチャーリーさんは、トイザらスの閉店セールに行った際、「ボールプール」に使うカラフルなボールの200個入りボックスが、たったの2ドル(約220円)で売っているのを発見。それを27箱、しめて5400個分買い、自宅の玄関通路にぶちまけ、ボールプールにして愛犬のシベリアンハスキーのテトラを放したのだ。

 テトラは、このボールの海に大喜び! チャーリーさんと、われを忘れてボールと戯れる様子は、まさに「世界で最も幸せな犬」だ。

 この様子を撮影した動画を14日、「5400個のボールで犬にプールを作ってみた」というタイトルでユーチューブに投稿したところ、バカ受け。日本時間で17日午後1時現在、再生回数は85万回に迫っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る