田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

芥川賞作家・高橋弘希さんの棋士の夢を断念させたある老人

公開日: 更新日:

 私は、8月24日に都内ホテルで開催された第159回芥川賞・直木賞の贈呈式に出席した。

 そして、「送り火」(文芸春秋)で芥川賞を受賞した作家の高橋弘希さん(38)に挨拶してきた。

 実は、高橋さんは7月18日に受賞が決まったとき、「小説と将棋は似ているかもしれない。将棋って、小説を書いていく過程と似ているところがあるんです。〈何となく〉で進んでいくところが……」と、インタビューに答えていたからだ。

 また、高橋さんがある新聞に寄稿したエッセーによると、作家をめざしたきっかけのひとつが将棋だったという。

 高橋さんは青森県十和田市の出身。同県は将棋が盛んな土地で、小学生時代から指して強かった。地元では「村の名人」として無敵の存在だった。

 ある日、囲碁漫画「ヒカルの碁」を読んで感動し、棋士になりたいと急に思い立ったという。ただ囲碁はまったく知らないので、将棋の棋士をめざすことにした。都内の大学に在籍していた21歳のころだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る