田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

マンション住まいになって内弟子を取らない棋士が増えた

公開日: 更新日:

 53年前の1965(昭和40)年1月。私(当時14)は、奨励会(棋士養成機関)の入会試験を6級で受けた。そして、試験対局で2連敗したのだが、師匠の佐瀬勇次七段(同45)の口利きによって、「裏口入会」することになった。

 私は、棋士への一歩を何とか踏み出せた。しかし、アマ二段ほどの棋力だったので、奨励会の対局では厳しい洗礼を受け、いきなり7連敗。8戦目にやっと初勝利すると、兄弟子の米長邦雄四段(同21)から「おめでとう」と声をかけられた。

 奨励会への入会者は、昔は年間で数人と少なかった。ところが、65年は関東だけでも約15人と増え、新入会員の中には私よりも弱い者たちがいた。

 私は、彼らを“カモ”にして白星を稼ぎ、入会して1年後には、6級から3級に昇級した。

 中学卒業を控えた66年1月。私は、米長から「高校に進学したらどうか」と勧められた。高校でクラブ活動をしたり友人をつくることは、決して将棋のマイナスにならない、というのが米長の持論だった。実際に米長は高校と大学に進学し、将棋と学業の両立を実践した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る