田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

マンション住まいになって内弟子を取らない棋士が増えた

公開日: 更新日:

 53年前の1965(昭和40)年1月。私(当時14)は、奨励会(棋士養成機関)の入会試験を6級で受けた。そして、試験対局で2連敗したのだが、師匠の佐瀬勇次七段(同45)の口利きによって、「裏口入会」することになった。

 私は、棋士への一歩を何とか踏み出せた。しかし、アマ二段ほどの棋力だったので、奨励会の対局では厳しい洗礼を受け、いきなり7連敗。8戦目にやっと初勝利すると、兄弟子の米長邦雄四段(同21)から「おめでとう」と声をかけられた。

 奨励会への入会者は、昔は年間で数人と少なかった。ところが、65年は関東だけでも約15人と増え、新入会員の中には私よりも弱い者たちがいた。

 私は、彼らを“カモ”にして白星を稼ぎ、入会して1年後には、6級から3級に昇級した。

 中学卒業を控えた66年1月。私は、米長から「高校に進学したらどうか」と勧められた。高校でクラブ活動をしたり友人をつくることは、決して将棋のマイナスにならない、というのが米長の持論だった。実際に米長は高校と大学に進学し、将棋と学業の両立を実践した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る