• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

丸山忠久・藤井猛両九段は「奨励会」試験に落ちても大成

 今年の奨励会(棋士養成機関)入会試験は8月15日から3日間、東西の将棋会館で行われた。

 羽生善治竜王(47)や藤井聡太七段(16)も、この試験に合格して棋士への一歩を踏み出した。

 1次試験では、受験者同士が対戦する。1日目に2局、2日目に3局。計5局のうち、3勝で合格、3敗で失格となる。

 その合格者は3日目の2次試験で、本番の対局で臨む3人の奨励会員と対戦し、原則として1勝以上すれば合格となる。

 例年の合格率は約2、3割で、なかなかの難関である。

 今年の関東奨励会の受験者は約45人。田丸門下として、中学1年のMくん(12)と小学4年のKくん(10)が受験する。どちらも奨励会の予備校的機関の「研修会」に在籍し、アマ四段以上の棋力がある。私は、両人の合格を期待している。まずは1次試験を突破することだが、有望な少年が多いので決して容易ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る