バブル期は20代「ハナコ世代」から熟年離婚が減るのはなぜ

公開日: 更新日:

 熟年離婚は年々増えている。厚労省の調査(2016年)によると、結婚後20年以上の夫婦の離婚は全体の17%。1985年の約2倍だ。

 妻は、その日に向けて着々と準備をするようになっているわけだ。

 だが、バブル期に20代を過ごした「ハナコ世代(1959~64年生まれ)」以降は、熟年離婚が減るという。「妻のトリセツ」(講談社+α新書)の編者で、人工知能研究者の黒川伊保子氏は「男女雇用機会均等法の初期に社会人となり、“ダブルインカム・ノーキッズ(DINKS)”という言葉をはやらせた、男女がイーブンになった最初の世代ですから、経済的に自立した人も多い。価値観や性格の不一致で離婚するなら、すでにしていると考えられます。別れていないのは続けられる証拠。40年前は男女の役割が別だったし、会社に女性もほとんどいなかった。それで我慢をしてきた妻が熟年離婚の選択をしてきたのです」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る