別れてくれない妻はどうすれば? 男女問題研究家に聞いた

公開日:

 川﨑麻世(55)とカイヤ(56)の泥沼離婚裁判が話題だ。

 川﨑は2年前に2人の子供が成人したタイミングで離婚調停を起こしている。これが不調に終わり、裁判に持ち込んだ格好だ。

 夫婦関係が“美談”になった樹木希林と内田裕也も、別居生活40年。内田は、結婚1年半で家を出て、その後、樹木の同意を得ずに離婚届を出している。

 同じように“別れてくれない妻”でも、その後は全く異なるが、どうしても別れたい場合、どう対処すればいいのか。

「過去の事例を見ていくと、別居5年の“実績”があれば、裁判でほぼ離婚できています。裁判を起こす男性の動機は2つ。生活費を払いたくないか、他に結婚したい女性がいる場合です。そうした目的がなければ、諦める人が多い。内田さんのように好きな人をつくったりしながら自由に過ごし、ほどよい距離感がある夫婦関係を選ぶケースも多いです」(男女問題研究家の山崎世美子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る