元が取れるのは数百年後? 瀬戸内市“5億円名刀”の経済効果

公開日: 更新日:

 岡山県瀬戸内市の武久顕也市長が23日、都内で会見を開き、上杉謙信の愛刀で知られる国宝の備前刀「太刀無銘一文字(山鳥毛)」の購入計画を発表した。費用を集めるため、ふるさと納税を基本とした国内外向けのクラウドファンディングを11月1日から開始する。

 岡山県に住む山鳥毛の所有者の希望売却額は5億円。これに、ペーパーナイフや山鳥毛のレプリカといった、ふるさと納税の返礼品や、高温多湿を避けるための刀の保管費用などで、最終的には約11億6000万円を集めるという。そんな巨額の税金を刀の収集に充てて大丈夫なのか。

 市は購入後、瀬戸内市内にある「備前長船刀剣博物館」で保管、展示する計画だ。また、市が設置した刀剣の識者らによる評価委員会は、「教育文化的価値や観光といった産業活動への影響など、波及効果も含めて総合的に評価した結果、5億円以上の価値を有する」と“鑑定”したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る