半数が過労死超勤務 “イライラ先生”からは生徒が遠ざかる

公開日: 更新日:

 日本最大の“ブラック業界”かもしれない――。

「連合」が行った調査で全国の公立学校の教員の半数以上(53.4%)が、過労死ラインとされる週60時間以上の勤務を超えていたことが分かった。調査は先月行われ、全国の公立学校に勤務する20歳以上の教員を対象に、1000人の有効回答を得た。

 少子化で子どもは減っているのに、先生はヘトヘトだ。

「朝は登校指導、昼は給食指導で放課後はクラブ活動――指導という名のボランティアが多すぎるのです。それに最近は、パワハラや問題発言など先生へのクレーム対応もとても大変です。弁明に先生が家庭を訪れるわけですが、共働き世代も多く、『夜10時に来てくれ』となってしまう。昔は、問題生徒の親を学校に呼びつけるのがほとんどでしたが、今は先生が家に呼びつけられるのです」(小学校関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る