浅草「ロッジ赤石」100種類のメニューで客を飽きさせない

公開日:

 取材に訪れたのは平日の午後3時半。「お昼時」から外れている時間帯なのに、来店客のほとんどがフードメニューを注文していた。しかも、ナポリタン、ハンバーグ、ピザ、豚の生姜焼きと、オーダーはバラバラ。オーナーの小沢康純さんは手際よく調理をするのだが、それでも厨房から離れることはなかった。

「日によって繁閑があります。今日は忙しい方ですね。朝から何も食べていません」

 そう言う小沢さんの立場に自分がいたら、恐らくぶっきらぼうにしゃべるだろう。しかし、ご本人は次々と舞い込む、てんでバラバラのオーダーを冷静に受け止めている。その姿に正直驚いた。

 創業は昭和48年。小沢さんの父親と叔父が始めた。出身が長野県の赤石。それが店名の由来だ。

「豊富なメニューの有名店になった理由は何ですか」と尋ねたら、「当時はまだ珍しかった24時間営業だったからですよ」との返事。浅草寺の裏手は東京屈指の花柳界。料亭で働く人、遊ぶ人、それから仕事終わりのタクシー運転手らを主なお客さんにしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る