錦糸町「ニット」ナポリタンとホットケーキがひと味違う

公開日:

 取材の最中に、「昔、錦糸町で働いていた」というひとりの客が入ってきた。盛んに懐かしがるその人に「昔は喫茶店もたくさんあったけれどねえ。いまは、うちと『桃山』さんぐらいになっちゃって」などと応じていたのが、創業52年の「ニット」を切り盛りする小澤民枝さんだ。御年84歳ながら、かくしゃくとした話しぶりだ。

「このあたりはメリヤスや非鉄の工場、鉄工所が軒を連ねていたんですよ。うちの父もメリヤス工場を営んでいたけれど、東京オリンピックの頃に、工場があったこの場所を喫茶店に衣替えしました。だから店名はニットなんです」(小澤さん)

 凝り性だったという父君が始めた喫茶店はシャンデリアがぶら下がり、日本庭園もある豪勢な店だったそう。しかし開店から13年後に3階建てのビルに建て替え、その際に現在の店構えになった。それから約40年。周辺にあった喫茶店と同じく店じまいを考えたこともあったが、今、小澤さんの頭の中に「閉店」の2文字はないという。なぜだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る