阿佐谷gionは「ちょっと高いけどちょっと良い」がモットー

公開日: 更新日:

 ブランコの椅子、手書きのメニュー、店員が着ている特注の制服……。gion(ギオン)には至る所にオーナーである関口宗良さんの創意工夫が見て取れる。それはすべてが開店当初からあったのではなく、徐々に作られたものだ。

 本を読んでいても生活ができる環境に憧れていた関口さんが、大学を卒業して入社した先は今でいうブラック企業。新人の頃は1年間の休みが元日だけ、1日16時間労働という過酷な職場だった。しかし、おかげでおカネを使う時間がなく、10年余りでそれなりに貯蓄した。

 夢を実現しようと物件を探し、たどりついた現在の場所は、学生時代に家庭教師をしていたお宅の持ち物。ここに500万円の銀行借り入れを含めた2000万円を投じ、gionを開いたのが34年前だ。内装はすべて自分で考えた。

「天井からぶら下がっているランプは後から付けたんですよ。お金がなかったから。でも最初からそのつもりだったので、コンセントだけは付けておきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る