阿佐谷gionは「ちょっと高いけどちょっと良い」がモットー

公開日:

 ブランコの椅子、手書きのメニュー、店員が着ている特注の制服……。gion(ギオン)には至る所にオーナーである関口宗良さんの創意工夫が見て取れる。それはすべてが開店当初からあったのではなく、徐々に作られたものだ。

 本を読んでいても生活ができる環境に憧れていた関口さんが、大学を卒業して入社した先は今でいうブラック企業。新人の頃は1年間の休みが元日だけ、1日16時間労働という過酷な職場だった。しかし、おかげでおカネを使う時間がなく、10年余りでそれなりに貯蓄した。

 夢を実現しようと物件を探し、たどりついた現在の場所は、学生時代に家庭教師をしていたお宅の持ち物。ここに500万円の銀行借り入れを含めた2000万円を投じ、gionを開いたのが34年前だ。内装はすべて自分で考えた。

「天井からぶら下がっているランプは後から付けたんですよ。お金がなかったから。でも最初からそのつもりだったので、コンセントだけは付けておきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る