昭和30年代から続く 浅草橋スメルはペリカンのパンひと筋

公開日:

 JR総武線浅草橋駅前にある「スメル」。さて何を頼もうかと、壁に掲げられたメニューを見ると、その横にある手書きの文字が目に入ってくる。

「おいしいペリカンのパンです」

「パンのペリカン」は浅草にある1942年創業の老舗。ここの食パンとロールパンを求めて、朝8時の開店前から店前に行列ができることもあるという人気店で、昨年はドキュメンタリー映画も作られた。スメルの壁にある手書き文字は、「サンドイッチやトーストはペリカンのパンで作っている」という意味だ。

 スメルは、店を1人で切り盛りする西出栄子さんの両親が昭和30年代に始めた。父親の実さんはもともと東京電力に就職が内定していたが、配属先は群馬県の水上発電所。東京を離れたくないという思いから、銀座の喫茶店「トリコロール」で修業し、スメルを開いた。お店の名付け親は明治生まれの栄子さんのおじいさん。「コーヒーは香りが命だから」と言って、英語のsmellから取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る