昭和30年代から続く 浅草橋スメルはペリカンのパンひと筋

公開日:

 JR総武線浅草橋駅前にある「スメル」。さて何を頼もうかと、壁に掲げられたメニューを見ると、その横にある手書きの文字が目に入ってくる。

「おいしいペリカンのパンです」

「パンのペリカン」は浅草にある1942年創業の老舗。ここの食パンとロールパンを求めて、朝8時の開店前から店前に行列ができることもあるという人気店で、昨年はドキュメンタリー映画も作られた。スメルの壁にある手書き文字は、「サンドイッチやトーストはペリカンのパンで作っている」という意味だ。

 スメルは、店を1人で切り盛りする西出栄子さんの両親が昭和30年代に始めた。父親の実さんはもともと東京電力に就職が内定していたが、配属先は群馬県の水上発電所。東京を離れたくないという思いから、銀座の喫茶店「トリコロール」で修業し、スメルを開いた。お店の名付け親は明治生まれの栄子さんのおじいさん。「コーヒーは香りが命だから」と言って、英語のsmellから取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る