昭和30年代から続く 浅草橋スメルはペリカンのパンひと筋

公開日: 更新日:

 JR総武線浅草橋駅前にある「スメル」。さて何を頼もうかと、壁に掲げられたメニューを見ると、その横にある手書きの文字が目に入ってくる。

「おいしいペリカンのパンです」

「パンのペリカン」は浅草にある1942年創業の老舗。ここの食パンとロールパンを求めて、朝8時の開店前から店前に行列ができることもあるという人気店で、昨年はドキュメンタリー映画も作られた。スメルの壁にある手書き文字は、「サンドイッチやトーストはペリカンのパンで作っている」という意味だ。

 スメルは、店を1人で切り盛りする西出栄子さんの両親が昭和30年代に始めた。父親の実さんはもともと東京電力に就職が内定していたが、配属先は群馬県の水上発電所。東京を離れたくないという思いから、銀座の喫茶店「トリコロール」で修業し、スメルを開いた。お店の名付け親は明治生まれの栄子さんのおじいさん。「コーヒーは香りが命だから」と言って、英語のsmellから取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る