蔵前「コフィノワ」 CQI認定Qグレーダー厳選のコーヒーを

公開日:

「コフィノワ」がオープンしたのは2016年8月。そこに至るまでの経緯はこうだった。

 オーナーの高橋史郎さんは若いころから「いずれコーヒーショップを開きたい」と考えていた。縁あってコーヒー豆の卸売会社に入社。焙煎や抽出の技術を磨き、営業ノウハウや人事管理も学んだ。

 在職期間が13年となった40代半ば。会社に不満はなかったが、「このまま還暦ぐらいまで働き続け、セカンドライフで夢を実現するのか?」と自問した。

 独立を決意して社長に相談すると、自分の夢を覚えていてくれて、快く送り出してくれた。

 どんな店を出すか。実は決めてあった。

 高橋さんの名刺には、名前の下に「CQI認定Qグレーダー」と書いてある。ワインでいうソムリエに近い資格で、「米国スペシャルティコーヒー協会」が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができるとCQI(コーヒー品質協会)に認められた人に与えられる資格だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る