八村塁のもう一つのルーツ ベナン共和国を襲った政治危機

公開日: 更新日:

 NBAドラフト1巡目でワシントン・ウィザーズに指名された八村塁(21)。何かと“日本人初”という枕ことばが付くが、あの身体能力の高さはひいき目に見ても、ベナン共和国出身の父方の遺伝の方が強いだろう。

 ただし、残念ながらベナンと聞いても日本人の関心はあまり高くない。国土は西アフリカに位置し、日本の3分の1ほどの面積に約1200万人が暮らす。教科書で習った奴隷海岸の拠点があり、100万人以上の国民がアメリカ南部、ブラジルやハイチなどに売られていった悲しい歴史もある。そして、「アフリカの年」の1960年にフランスから独立。アフリカ55カ国・地域の中で民主化の優等生と呼ばれ、初等教育・医療の無償化など最も民主主義が進んだ国としても有名だ。

■前駐日大使ゾマホン氏を直撃

 ところが、そのベナンで最近、とんでもないことが起きている。前駐日ベナン共和国大使で、タレントとして活躍するゾマホン・ルフィン氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る