五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10781回 夜ごとに変る波枕 <1>

公開日: 更新日:

 昨日、中西進先生と対談をさせて頂いた。いまや時の人どころではない、国民的注目の的となった万葉学者である。
 私はこれまで大先輩作家に対しても先生と呼んだことはなかった。不遜といえば不遜かもしれないが、文章の道に先輩後輩はない、という考え方からである。井伏鱒二さん、…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

もっと見る