成田空港にも新エリア誕生「アニメ聖地巡礼」の経済効果は

公開日: 更新日:

 アニメで描かれた場所やゆかりの地を巡る、いわゆる「アニメ聖地巡礼」がますます盛んだ。

 11月28日には千葉の成田国際空港にアニメをテーマにした新エリアが誕生。もともと成田空港は「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の“0番札所”となっており、海外のアニメファンにとっては巡礼の出発点となっている。

 観光学が専門の近畿大学総合社会学部の岡本健准教授によれば、2007年放送のテレビアニメ「らき☆すた」が聖地巡礼の発祥とされる。女子高生4人組の日常を描いた作品で、舞台のひとつになった埼玉県久喜市の鷲宮神社にファンが押しかけた。

 そして、一般にも「聖地巡礼」という言葉が認知されたきっかけは、2016年公開のアニメ映画「君の名は。」だ。舞台のひとつになった岐阜県飛騨市には海外からも含め大勢のファンが訪れ、その年の流行語大賞の候補にもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る