最新主演映画公開の上白石萌音は快進撃をどう感じている?

公開日: 更新日:

 女優に歌手と、マルチに活躍する上白石萌音さん(21)。デビューから8年、着実にステップアップをする彼女だが、いまの快進撃をどう感じているのだろうか。

 ◇  ◇  ◇

「この8年、毎日必死に走り続けてきました。ただ、成長した実感はあまりなくて、いまだにお芝居するときやカメラ前では緊張します。でも、演じることが好きな気持ちは増していくばかり。周りの評価が聞こえてくるぶん、今自分がどういう位置にいるか気づかされたり、デビュー当時より臆病になったと感じることもありますが、いい意味で緊張感を楽しめています」

 映画「君の名は。」で声優、複数のドキュメンタリー番組でナレーションなど存在感を発揮。本人も「声」で表現することに強い関心があるそうで、中でも朗読は、子供や本を読めない方に思いが届くところが魅力だという。

「私自身、両親や幼稚園の先生の読み聞かせの記憶が原体験としてあり、心が豊かになりました。うれしいことに『声がいいね』といっていただくことも増えたので、この声帯でより多くの誰かと触れ合いたいです」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる