新海監督 最新作「天気の子」で見せたぶち壊しの反骨精神

公開日: 更新日:

 2016年の夏に公開され、日本映画史上歴代4位となる250億円もの興行収入をたたき出したアニメ映画「君の名は。」。社会現象にまでなったこの作品を監督した新海誠の、3年ぶりとなる新作「天気の子」が公開され、話題を集めている。

 事前にマスコミ向けの試写会さえ行わず、内容に関する詳しい報道もほとんどされなかったが、知名度も話題性も今夏イチ。その狂騒ぶりを映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「繊細な光の表現で知られる新海監督のこだわりで、完成度を高めるため修正と調整を繰り返しているとは聞いていましたが、結局完成したのは公開のわずか12日前だったとか。ただ、同じく試写会をしなかった『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(公開中)のように、人気タイトルの場合は事前情報がないことで逆に注目を集めることもあります。『天気の子』も同様で、ネットの投稿サイトでは、見てもいないのに公開前に低評価が続出するなどの珍現象も起きました。それだけ興味と期待を集めていた証拠です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る