日本公開から18年「千と千尋の神隠し」中国で大ヒットの裏

公開日: 更新日:

 ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」が6月21日、中国で公開され、初日興行収入が5587万元(約8億9000万円)、週末3日間で、1億9200万元(約30億7000万円)を記録した。同日公開の「トイ・ストーリー4」(ディズニー/ピクサー)は初日1796万元(約2億8000万円)で「千と千尋」はその3倍とジブリの圧勝。同作は、昨年12月ジブリ初の中国公開作「となりのトトロ」の最終興行収入約28億円をはるかに上回る見込みだ。

 中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「アニメのセリフは独特で翻訳ソフトでは訳せない。今回、中国語吹き替えでディテールまで理解できたのは大きいでしょう。また、吹き替え版の声優も話題になっています。釜爺の声は宮崎駿氏とも仲のいい、映画監督の田壮壮が担当していますが、オリジナルの菅原文太さんの声に似ています。声優陣もビッグネームというより、世界観を重視した人選で、無名の歌手を主題歌に抜擢してきたジブリらしい。ポスターを描いた黄海は1作品のギャラが100万元(約1600万円)以上といわれている中国映画界のトップアーティストでジブリの世界観が中国人に100%伝わるよう、細部に至るまで丁寧に作られています。甘やかされて育った中国の子供に“自立していく主人公の姿”を映画を通して伝えたいという、親心に刺さる内容でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る