日本公開から18年「千と千尋の神隠し」中国で大ヒットの裏

公開日: 更新日:

 ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」が6月21日、中国で公開され、初日興行収入が5587万元(約8億9000万円)、週末3日間で、1億9200万元(約30億7000万円)を記録した。同日公開の「トイ・ストーリー4」(ディズニー/ピクサー)は初日1796万元(約2億8000万円)で「千と千尋」はその3倍とジブリの圧勝。同作は、昨年12月ジブリ初の中国公開作「となりのトトロ」の最終興行収入約28億円をはるかに上回る見込みだ。

 中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「アニメのセリフは独特で翻訳ソフトでは訳せない。今回、中国語吹き替えでディテールまで理解できたのは大きいでしょう。また、吹き替え版の声優も話題になっています。釜爺の声は宮崎駿氏とも仲のいい、映画監督の田壮壮が担当していますが、オリジナルの菅原文太さんの声に似ています。声優陣もビッグネームというより、世界観を重視した人選で、無名の歌手を主題歌に抜擢してきたジブリらしい。ポスターを描いた黄海は1作品のギャラが100万元(約1600万円)以上といわれている中国映画界のトップアーティストでジブリの世界観が中国人に100%伝わるよう、細部に至るまで丁寧に作られています。甘やかされて育った中国の子供に“自立していく主人公の姿”を映画を通して伝えたいという、親心に刺さる内容でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る