1泊200円台のホテルも…新型肺炎で中国人客が激減した京都

公開日: 更新日:

 感染拡大が止まらない新型コロナウイルスの「ショック」が日本を代表する観光地「京都」の宿泊施設を直撃している。

 春節中の京都は例年、中国人観光客が急増。京都市観光協会の調査によると、昨年2月に市内の主要ホテルに宿泊した外国人の4割超が中国人だったという。ところが、今年は中国政府が新型肺炎の拡大を理由に国内外の団体旅行を禁止したため、中国人客が急減。書き入れ時の空室増でホテル・旅館にジワジワと影響が広がっているという。

「現在、市内の宿泊施設に状況を聞いている段階ですが、キャンセルが多数出ているというのは聞いています」(京都市産業観光局観光MICE推進室)

 例年のこの時期は中国、韓国、香港からの観光客が多数を占めていたという。しかし、「最近は日韓両政府による政治的対立から韓国人観光客が減り、国内のガタガタで香港からの観光客も減ってしまった。頼みの綱が中国人観光客だったのですが、これもダメ。京都府・京都市は、新型肺炎の売上減に伴う緊急資金の融資制度を設けましたが、いつまで耐えられるか。ホテルの中には思い切った値下げをする動きも出ているようです……」(市内の宿泊業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る