最新版「新婚や出産でもらえるお金」結婚新生活支援は倍額

公開日: 更新日:

 内閣府が新婚家庭へ配っていた「結婚新生活支援」の給付金。現在は家賃や引っ越し費用として30万円まで助成していたが、来年度からは60万円に増やす。これ以外にも自治体レベルで結婚や出産の祝い金もある。申請しないともらえないので気を付けたい。

■杉並区 妊娠・出産で4万円分の応援券

「毎年、内容に若干の変化はありますが、本年は妊娠で1万円分、出産で3万円分、0歳時で1万円分、それから2歳まで1・5万円分の『杉並子育て応援券』を交付しております」

 こう話すのは東京・杉並区の子ども家庭部担当者。

 いま都内で最も子育て支援が手厚いと人気の杉並区。同区では「子育て応援券」を2007年から無償で給付中で、区内の妊婦さんは「ゆりかご面接」を受けると1万円分の応援券(ゆりかご券=商品券)がもらえる。無償の応援券は2歳児まで給付され、合計で8万円(多子世帯は10万円)。子どもの体操教室やベビーシッター、インフルエンザ予防接種の費用などに使える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る