法的効力はなくても… 「遺言ビデオ」今が求められる理由

公開日: 更新日:

 遺言書には「付言」という自由に書いていいメッセージ欄がある。家族への感謝の気持ち、楽しかった思い出など何でも書いていいのだが、この思いをビデオレターで伝える人が増えている。文章では伝わりにくい感情が表現できると評判だ。

 ◇  ◇  ◇

 河野行革担当相がすべての省庁に対し、行政手続きで「はんこ」を使わないよう求めて話題になっている。よくよく考えてみれば、役人がはんこを使おうが使うまいが国民にとってはどうでもいいことだが、デジタル化によって縦割り行政や既得権益を打破すると言われると反対する意見は少なくなる。菅政権はデジタル化推進でマイナンバーカードを普及させたい考え。終着点は国民の監視管理に行き着くのだが、国民受けのいい「はんこ」を持ち出したのはなかなかいい手だった。

 もっとも、民法においてのデジタル化はまだ高い壁がある。特に問題になっているのが、前近代的な「遺言」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る