減額でも罰金導入 免れられる“正当な理由”は…政府屁理屈

公開日: 更新日:

 与野党は28日午前、自民の森山裕、立憲民主の安住淳両国対委員長が国会内で会談し、新型コロナウイルス対策の特別措置法などの改正案をめぐり、営業時間の短縮命令などに応じない事業者への罰金額を引き下げる方向で合意した。27日には修正協議を行っていたが、物別れに終わっていた。

【写真】この記事の関連写真を見る(36枚)
【写真】この記事の関連写真を見る(40枚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る