松本純氏が銀座ハシゴで釈明「クラブで陳情」は一般的か?

公開日: 更新日:

 自民党松本純・元国家公安委員長(70)が緊急事態宣言下に深夜まで銀座のクラブをハシゴしていたことを、26日配信の「デイリー新潮」が報じた。

 松本氏は同日、18日夜に一人で3軒の店を訪問したことを認めたうえで、「要望、陳情を承る形」「直接会って話さないといけない内容だった」と釈明したが、政治家が夜の銀座で陳情を受けるのは一般的な話なのか。

「苦しまぎれの言い訳だと思います。確かに松本氏は現在、自民党の国会対策委員長代理、すなわち国対ナンバー2の立場で党務に忙しい。それでも陳情を受けるとすれば、基本的に場所は議員会館。あるいは永田町周辺の接待を伴わない飲食店であるべきです。議員に寄せられる陳情の種類は選挙区内のモメ事から、地域の要望、親戚の就職など多岐に渡りますが、いずれにせよ酒を飲みながら話を聞くのは相手に失礼です。また、後から“言った言わない”のトラブルを避けるために、どんな内容であれ、政治家は陳情を受ける際に秘書を同行させるのが一般的です」(ベテラン秘書)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る