銀行・商品別 定期預金の中途解約や一部引き出しを比較

公開日: 更新日:

銀行の選び方(7)

 当面使う予定のない資金を少しでも有利に増やしたいなら、長めの定期預金に預けておき、資金が必要になったら、中途解約する方法もある。

 元本割れしない運用商品といえば、銀行の定期預金が定番だが、期間が短いものは金利が低い。しかし、預入期間が5年程度になれば、ある程度の金利が得られる。

 たとえば、オリックス銀行のeダイレクト預金のスーパー定期5年ものの金利は0・25%。普通預金が0・01%であることを考えると、25倍だ。問題は満期になる前に、資金が必要になってしまったとき。たとえば、マイホームの取得は5年以上先だと考えて定期預金に預けたが、3年後に物件価格が割安になったため、購入を検討するような場合だ。定期預金の満期を待っていては、価格が上がってしまうかもしれない。

 そんなときは、定期預金を解約する方法がある。それでも一定の金利が得られる。オリックス銀行で5年ものに預けて3年以上4年未満で中途解約する場合は当初金利の40%、4年以上5年未満では50%が受け取れる。普通預金に預けっぱなしにしておくよりも、定期預金に預けておいて中途解約した方が有利になるケースは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る