「ネット銀行の定期預金」と「個人向け国債」どっちが得?

公開日: 更新日:

銀行の選び方 #5

 安全確実に貯蓄できる金融商品として代表的なのは、定期預金と個人向け国債。いずれも銀行で扱っているが、実際に利用するなら、どちらが有利か。

■金利か手軽さか

 個人向け国債には固定金利の3年、5年、変動金利の10年がある。いずれも最低金利0.05%が保証されており、現在は最低金利の状態だ。定期預金はどうか。メガバンクの場合、期間に限らず0.002%程度だから、個人向け国債のほうが25倍高いことになる。

 かつてネット銀行の定期預金は高金利で人気を集めたが、最近ではそうでもない。3年ものの定期預金を見ると0.01~0.02%が多く、個人向け国債の最低金利を上回る商品は、ほとんど見当たらない。

 個人向け国債を上回る金利が得られる数少ないネット銀行のひとつがオリックス銀行だ。3年ものの「eダイレクト定期預金」の金利は、0.22%。100万円を3年間預けると、利息は6618円(税引き前)となる。一方で個人向け国債の固定金利3年ものに預けると、利子は1500円(同)。オリックス銀行が断然有利といえる。ただし、「eダイレクト定期預金」は100万円以上が条件なので、まとまった資金が必要になる。個人向け国債は1万円から購入可能なので、手軽さでは個人向け国債が勝つ。オリックス銀行には2週間で満期になる「2週間定期預金」もある。金利は0.1%と個人向け国債より高いが最低預入金額は50万円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る