日経平均株価3万円突破で「保有株」の売り時はいつ?

公開日: 更新日:

 いとも簡単に3万円を突破した日経平均株価。いやはや、驚くべき買い圧力だ。

 ところで、このコロナ禍の異常な株高の中で、大儲けできている人はホンの一握りだ。ほとんどが外国の機関投資家で占められ、多くの国内の一般投資家はカヤの外らしい。

 その理由は、大きく値上がりしているのは225銘柄が多く、しかもファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株に集中しているからだ。退職金の一部を株投資に向けている人は、資金的に値がさ株には手が出しにくい。結果、その他の割安感のある株に手を出したが、ほとんど上昇していないようなのだ。

 もっと残念なケースも多い。1年前、コロナ拡大が始まり、あわてて保有株を手じまいしたまでは正解。その後、3月に1万6000円台まで大暴落した後に、またどこかで買い戻そうと考えていたのだが、一本調子で上昇が続き、買うタイミングを逸してしまったという投資家が多いのだ。過去の大暴落場面では、2番底が必ずあった。夏にかけて2番底がきたら、そこで安値で仕入れればいいとだれもが考えたのだが、ついにこの1年間、その局面は来なかったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る