外貨預金ならネット銀行 激安為替手数料も登場し状況変化

公開日: 更新日:

銀行の選び方(6)

 コロナ禍で緩やかな円高・ドル安が続いている。これは米国の金融緩和の影響だといわれ、コロナが収束すれば円安・ドル高になると予測する専門家も多い。であれば、今のうちに外貨投資をしておくのもいいだろう。

 外貨建ての身近な金融商品といえば、銀行の外貨預金だ。

 以前は円と外貨を交換するときの為替手数料が高く有利とは言えなかったが、ネット銀行を中心に最近は状況が変わってきた。

 そもそも為替手数料は、円を外貨に替えるときと、外貨を円に戻すときの往復でかかる。メガバンクの窓口では、いまだ米ドルで1ドル当たり2円が一般的だ。いまは外貨預金といえども、高い金利は得られないので、為替差益が主な収益になるが、為替手数料が2円であれば、2円以上の円安にならなければ利益が得られないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る