ネット銀行の目的別口座 無駄遣い防止できて挫折しにくい

公開日: 更新日:

銀行の選び方 #4

 漠然とお金を貯めたいと思っても、なかなか継続できないが、目的を明確にすれば挫折しにくい。目標額を決めて、徐々にゴールに近づいているのが見えればモチベーションを維持できる。そのためには、貯蓄の目的別に口座を分ける方法などが考えられるが、複数の金融機関に分散すると管理が煩雑になる。そこで利用を検討したいのはネット銀行などが提供している目的別口座だ。

 たとえば、住信SBIネット銀行では、代表口座とは別に、サブ口座として「目的別口座」を5つまでつくることができる。マイホーム資金、教育費、海外旅行費など、自由に目的を決めて貯蓄できるわけだ。それぞれの口座に目標額を設定し、目標達成までに必要な金額や達成率をグラフで確認できるので挫折しにくい。普通預金に残高があると、つい使ってしまいがちだが、目的別の口座に振り替えることで、無駄遣いを防止する効果がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る