消費者庁もサウナに注意喚起!「整う」ブームに潜む危険性を専門医が解説

公開日: 更新日:

 身も心も「整う」と老若男女問わず人気のサウナ。爽快感やリラックス感を得られるものの、実はキケンと隣合わせだ。一歩間違えば命を落としかねない事故も多発しており、6月5日には、消費者庁が国民に向けて注意を呼びかけた。

 消費者庁によると、事故の約9割は「やけど」「骨折・打撲」等の外傷だという。「ロウリュウで発生した大量の高温水蒸気が当たりやけどをした」という、さもありなんという事例もあれば、「熱いと思いながらも10分間ヨガのポーズを取り続け、臀部にやけどを負った」というケースもあった。

 40代以上の中高年では、外傷に加えて、より危険度の高い「めまい・意識障害」「循環器障害」も目立つ。50代の女性はスポーツクラブのサウナ利用中に心臓発作を起こし、70代の男性はスーパー銭湯のサウナ室で座ったまま意識を失った。どちらも死に直結してもおかしくない事故だ。

 近年、漫画やドラマの影響によるサウナブームで、サウナ愛好家が増えているような印象があるが、データを見る限りそうとも言い切れない。一般社団法人日本サウナ・温冷浴総合研究所の「日本のサウナ実態調査2024」(日本全国1万人、18~69歳の男性5015人・女性4985人を対象)によると、増えているのは年に1回程度利用するというライトユーザーだ。サウナ利用をする全体人口とライトユーザーは、22年と23年の比較で、それぞれ1681万→1779万人、845万→1128万人と増加している。その一方で、月に4回以上サウナに入るヘビーユーザーと月1回以上のミドルユーザーは、それぞれ287万→219万人、548万→431万人と減少している。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差