受動喫煙防止対策 法案提出をめぐる混乱の内情<4>

公開日: 更新日:

 受動喫煙防止規制案について、民意はどう示されているのだろうか。まずは地方自治体の動きを探ってみた。昨年の「たたき台」公表後、各地の県議会などで規制案の見直しを求める機運が高まり、青森、岩手、宮城、福島、新潟、京都、徳島、高知、大分、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄の14府県の議会が見直しを求める意見書を厚労大臣らにあてて提出した。

 今年になってからも秋田、群馬、静岡、富山、岐阜、三重、愛媛、福岡、宮崎と9県の議会が意見書を提出した。これで23府県の議会、つまり全都道府県の半数が見直しや反対の意思表示を示したことになる。

「国においては、受動喫煙防止対策の推進に併せて、サービス業等の店舗の実態等にも十分配慮した対策を検討するよう強く要望する」

 これは愛媛県議会が3月17日に衆参両議長、首相、財務相、厚労相、官房長官あてに提出した意見書の一文である。愛媛県といえば、塩崎厚労相のおひざ元。議案を提出したのは自民党、自民党志士の会など4会派で最終的に41対2で可決された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  6. 6

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る