• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙防止対策 法案提出をめぐる混乱の内情<4>

 受動喫煙防止規制案について、民意はどう示されているのだろうか。まずは地方自治体の動きを探ってみた。昨年の「たたき台」公表後、各地の県議会などで規制案の見直しを求める機運が高まり、青森、岩手、宮城、福島、新潟、京都、徳島、高知、大分、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄の14府県の議会が見直しを求める意見書を厚労大臣らにあてて提出した。

 今年になってからも秋田、群馬、静岡、富山、岐阜、三重、愛媛、福岡、宮崎と9県の議会が意見書を提出した。これで23府県の議会、つまり全都道府県の半数が見直しや反対の意思表示を示したことになる。

「国においては、受動喫煙防止対策の推進に併せて、サービス業等の店舗の実態等にも十分配慮した対策を検討するよう強く要望する」

 これは愛媛県議会が3月17日に衆参両議長、首相、財務相、厚労相、官房長官あてに提出した意見書の一文である。愛媛県といえば、塩崎厚労相のおひざ元。議案を提出したのは自民党、自民党志士の会など4会派で最終的に41対2で可決された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る