受動喫煙防止対策 法案提出をめぐる混乱の内情<4>

公開日: 更新日:

 受動喫煙防止規制案について、民意はどう示されているのだろうか。まずは地方自治体の動きを探ってみた。昨年の「たたき台」公表後、各地の県議会などで規制案の見直しを求める機運が高まり、青森、岩手、宮城、福島、新潟、京都、徳島、高知、大分、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄の14府県の議会が見直しを求める意見書を厚労大臣らにあてて提出した。

 今年になってからも秋田、群馬、静岡、富山、岐阜、三重、愛媛、福岡、宮崎と9県の議会が意見書を提出した。これで23府県の議会、つまり全都道府県の半数が見直しや反対の意思表示を示したことになる。

「国においては、受動喫煙防止対策の推進に併せて、サービス業等の店舗の実態等にも十分配慮した対策を検討するよう強く要望する」

 これは愛媛県議会が3月17日に衆参両議長、首相、財務相、厚労相、官房長官あてに提出した意見書の一文である。愛媛県といえば、塩崎厚労相のおひざ元。議案を提出したのは自民党、自民党志士の会など4会派で最終的に41対2で可決された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る