• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙防止対策 法案提出めぐる混乱の内情<3>

 3月1日に発表された厚労省の「受動喫煙防止対策の強化について」(原案)には「受動喫煙防止対策強化の必要性他」という資料が付いている。そのなかで飲食店への影響について外国や日本国内の例を何点か紹介し、飲食店経営に影響がないことが強調されている。

 本当に厚労省が強調しているように影響は出ないのだろうか。例示されているケースを検証してみたい。

 外国の例としてニューヨーク(NY)州と英国の例が紹介されている。NY州では2003年に屋内禁煙条例が施行された。厚労省資料は「規制導入後バーに行くようになった者の割合が増加」とあり、18%から22%にアップしたグラフが添えられている。しかし、原資料をよく読むと、どうもニュアンスが違う。そこには、①導入前の03年第3四半期②導入後の03年第3四半期③03年第4四半期④04年の第1四半期⑤04年第2四半期と、5つの時点での結果がグラフで示されている。このグラフには「No Change」も表示されていて、①の70%が⑤で68%と2ポイントの低下にとどまっている。トレンドとして変化はほとんどない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る