受動喫煙防止対策 法案提出めぐる混乱の内情<2>

公開日: 更新日:

厚労省の一方的な姿勢が混乱の原因

 法案提出をめぐり膠着状態が続く受動喫煙防止対策規制案(健康増進法改正案)。2回にわたる厚労部会で、厚労省のたたき台(昨年10月発表)や、部会の直前に“リーク報道”された“原案”への異論が噴出し、部会長は「厚労省は本日の意見をしっかり持ち帰って大臣に伝えてほしい。私からも伝える」と念を押した。にもかかわらず、3月に公表された厚労省案は報道内容にたがわないもので、厚労省には緩和・修正の意思がまるでないことを見せつけた。

 あらためて、2回の部会でどんな意見が出たのかを紹介しよう。推進派、賛成議員の主だった声はこうだ。

「厚労省のたたき台を全面的に支援するので、この際、日本から受動喫煙の被害を一掃するくらいの決意で取り組んでいただきたい」

「受動喫煙を無理やりさせられている人がいることを忘れずに議論を進めるべき」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る