受動喫煙防止対策 法案提出めぐる混乱の内情<2>

公開日:

厚労省の一方的な姿勢が混乱の原因

 法案提出をめぐり膠着状態が続く受動喫煙防止対策規制案(健康増進法改正案)。2回にわたる厚労部会で、厚労省のたたき台(昨年10月発表)や、部会の直前に“リーク報道”された“原案”への異論が噴出し、部会長は「厚労省は本日の意見をしっかり持ち帰って大臣に伝えてほしい。私からも伝える」と念を押した。にもかかわらず、3月に公表された厚労省案は報道内容にたがわないもので、厚労省には緩和・修正の意思がまるでないことを見せつけた。

 あらためて、2回の部会でどんな意見が出たのかを紹介しよう。推進派、賛成議員の主だった声はこうだ。

「厚労省のたたき台を全面的に支援するので、この際、日本から受動喫煙の被害を一掃するくらいの決意で取り組んでいただきたい」

「受動喫煙を無理やりさせられている人がいることを忘れずに議論を進めるべき」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る