• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペッティングで十分なことも 挿入前提のセックスを見直す

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「疲れた」「眠い」は、セックスから逃げる口実の定番。看板倒れの働き方改革で働く夫も妻も仕事の疲れは抜けず、家に帰れば育児や家事に忙殺されるとなれば、男女とも2人に1人がセックスレスになるのも仕方ないだろう。

 性セラピストの玄斎氏が言う。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る