杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

マック向け人工肉バーガーを手掛ける米ビヨンド・ミート

公開日: 更新日:

 アメリカとイランの対立(軍事衝突のリスク)を受け、世界の金融マーケットは波乱含みの展開となっている。

 しかし、無人攻撃機などを手掛け、防衛関連株の代表的な存在のクラトス・ディフェンス(NASDAQ上場)は、ほとんど買われていない。戦争となれば真っ先に買われるはずだ。これはどうしたことか。

 やはり、両国とも紛争拡大を望んでいないということだろう。

 一方、ビヨンド・ミート(BYND)が急伸している。これを見る限り、世の中は“平和”である。人工肉のビヨンド・ミート(NASDAQ上場)は昨年5月に上場したあと、IPOフィーバーに乗って、7月26日には239・71ドルの高値まで急騰した。だが、その後は奈落の底に直進である。

 何と、昨年12月5日には71・3ドルの安値まで売り込まれた。下落率は実に70・3%に達する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る