キーパーソン退社で業績悪化…急増する人手不足倒産の実態

公開日: 更新日:

 人手不足倒産が想像以上に深刻化していることがわかった。東京商工リサーチによると、2019年の“人手不足”関連倒産は、過去最多の426件に達したという。400件を突破したのは初めてのことだ。

 内訳は、「後継者難」が270件(前年比2・8%減)、「求人難」が78件(同32・2%増)、「従業員退職」が44件(同83・3%増)、「人件費高騰」が34件(同30・7%増)だった。なかでも急増しているのが、83・3%増の「従業員退職」による倒産である。

 東京商工リサーチ情報本部の谷澤暁氏が言う。

「昨年は、従業員がまとまって退社してしまったために事業が成り立たなくなり倒産してしまったケースがありました。従業員が退社する理由は、待遇への不満や、好待遇会社への転職などです。キーパーソンの退社が倒産を引き起こすこともあります。部長や社長の右腕など、会社を背負っているキーパーソンは、多くの顧客を抱えていたり、高いスキルを持っているため、辞められると会社の業績を直撃するのはもちろん、社内の士気が下がってしまう。“従業員退職”による倒産は、2020年も多くなりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る