重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

2年早く…J.フロントのパルコ完全子会社化は高い買い物?

公開日: 更新日:

 ファッションビルの先駆、パルコが発行株の64・98%を握る親会社で、大丸・松坂屋を運営するJ.フロントリテイリングの全面支配下に入る。J.フロントが2月17日まで実施するTOB(株式公開買い付け)を受け入れ、同社の完全子会社となる道を選ぶ。

 パルコは堤清二氏を総帥とするセゾングループの一角として1969年に1号店「池袋パルコ」を開業。斬新な広告戦略など巧みな情報発信でファッションに敏感な消費者の心を掴み、時代のトレンドをリードした。

 業績不振でセゾングループが解体された後の2001年からは森トラストが筆頭株主となったが再編を巡る思惑などから対立。一時はパルコの転換社債を引き受けた日本政策投資銀行やパルコの事前了解なく発行株の12%を取得したイオンをも巻き込んでの激しい経営権争奪戦に発展した。

 ただ12年3月に森トラストが保有株をJ.フロントに譲渡。同7~8月にパルコとの資本業務提携やパルコに対するTOBが相次ぎ実現し、J.フロントの連結子会社に組み込まれた。今回、これをさらに深掘りして同体化することについてパルコでは「J.フロント内でパルコとともに事業成長していこうという機運が高まったため」(牧山浩三社長)としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る